サプリメントで悩み解消!|加齢による関節痛の緩和

中年の女性

胡麻は昔から健康にいい

サプリ

セサミンは昔からゴマに含まれる成分で、先人たちが積極的にゴマを取ったほうがいいといわれるゆえんが科学的に解明されたことになります。サプリメントでとることで高い効果を実感できるといわれていますが、一緒にDHAやEPAを取り入れることも重要な効果を実感できると評判です。

View Detail

腸内環境を整える働き

女性

乳酸菌は腸内環境をよくする効果がありますが、その他にも大腸にできるポリープやガンの予防になります。インフルエンザやアレルギーを予防する効果もあります。乳酸菌は胃酸に弱いので、食後に食べるか、カプセルで守られているサプリを飲むことが大事です。特にビフィズス菌のサプリは効果があります。

View Detail

すり減った軟骨の痛みに

膝の痛み

栄養補給でカバー

軟骨は関節が受ける衝撃を和らげる作用を持っています。加齢とともに軟骨がすり減ると、骨同士が擦れ合って強い関節痛を覚えることになります。すり減った軟骨を再生させることは、現在の医療ではできません。しかしサプリメントで必要な栄養を補給すれば、痛みを和らげることは可能とされています。関節痛に効くとして販売されているサプリメントは、決して軟骨の量を増やすわけではありません。関節が大きく変形していたり、ひどい炎症を起こしたりしている場合には、医師の診察を受ける必要があります。しかし軽度の関節痛であれば、サプリメントを服用することで効果が期待できます。比較的安価で手軽に利用できる点もメリットですが、即効性は望まないほうが良いでしょう。

有効成分の配合量に注目

関節痛に有効なサプリメントの成分としては、グルコサミン・ヒアルロン酸・コンドロイチンなどが挙げられます。グルコサミンはエビやカニの殻に含まれる物質で、炎症を緩和する作用があるとされています。ヒアルロン酸は関節液の代わりとして注射されることもある成分です。コンドロイチンは体内の保湿性や柔軟性を維持する働きを持っています。現在では非常に多くの種類のサプリメントが販売されています。ただし有効成分の配合量には、かなり大きな違いがあります。また飲みやすさにも差があり、口コミサイトなどで評価が分かれています。今後も新商品が開発されていくと予想されますが、選ぶ際には原材料の種類や配合量もポイントになります。

痛みを和らげる成分

様々なサプリメントが世に出ていますが、高齢者が愛用しているものには関節痛を和らげるサプリメントが人気の傾向があります。グルコサミンやコンドロイチンなど、詳しくなくても一度は耳にした事があるという人も多いのではないでしょうか。関節痛にはそういった成分の他に、コラーゲンやヒアルロン酸などが必要となります。老化が進むうちに減っていく成分は沢山あります。若い頃のようにいかないのは悲しいものですが、現実を受け入れ、サプリメントで補っていきましょう。

女性の健康対策

サプリ

冷え性は心身に悪影響を及ぼす問題です。今後はこういった冷え性を改善し、体を温めることが美容と健康の基本と認識されていくと考えられます。冷え性は見た目にも影響を与えるため、注意が必要です。最近増えているサプリメントを利用すれば、スムーズに効果が得られます。

View Detail